はちみつを使った美食レシピ

ちょっとしたコツで、毎日が楽しい、栄養たっぷりなレシピをご紹介します。

茶巾寿し

ポイント
薄焼き卵に片栗粉を入れると破れにくい。 いくらの他に、茹でたエビやスモークサーモンなども おすすめです。薄焼き卵と酢飯にはちみつを加えて、優しい甘さに仕上げます。
茶巾寿し
icon
材料(12個分)
はちみつは、大さじ1=21gとしています。
Aはちみつ
大さじ1
 卵
4個
 塩
少々
 片栗粉
小さじ1
Bはちみつ
大さじ2
 酢
大さじ3
 塩
小さじ1/2
2合
炒りごま(白)
大さじ2
生姜甘酢漬け
20g
三つ葉(さっと茹でておく)
12本
いくら
大さじ5
サラダ油
適量
icon
作り方
1
米はやや固めに炊く。炊けたら飯台(またはボウル)に移し、熱いうちにBを合わせたものを加え、しゃもじで切るように混ぜて冷ましておく。
2
生姜甘酢漬けを粗いみじん切りにし、炒りごまと1に加え混ぜる。12等分して丸めておく。
3
Aの材料をすべて合わせ、よく混ぜたらざるで漉(こ)す。小さめのフライパンにサラダ油を薄くひき、薄焼き卵を12枚作る。
4
3の薄焼き卵に、2の酢飯をのせて包む。表に結び目がくるように三つ葉を巻いたら、いくらを彩りよくのせて盛り付ける。